--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'09.28.Thu

ラブロマンスを久々に!

SFはからっきしダメだけどラヴロマンスはそうでもないらんらんです、こんばんは。

でもさ、でもさ。感動の沸点が高いわたしは涙をボロボロ流して観たラヴストーリーは殆ど無いのだ。そして先輩からのメイル。

「イルマーレ観たいんだよねー」

入間ーれ??(←本当にこうして変換された!)

ざっくり話すとキアヌリーブスとサンドラの時空を超えたラヴロマンスだそうだ。ラヴロマンス!嫌いじゃないけど恥ずかしいから絶対に一人じゃ観ない。自意識過剰なわたしは独身時代だったら絶対に観ていなかったと思う。



ランキングとかやってみたよ。クリックプリーズ
んでイルマーレの予備知識は殆ど無いままに観たんだけど感動した!とか言うより単純に面白かった。最初に「ハッピーエンドなんだって」ってことだけ聞いていたから安心して観ていられたっつーのもあるけど。(そう、わたしはスポーツものでもアクションものでも「ココで死んだら話が繋がんないじゃん!」と邪推した上で物語を楽しむところがあるのだ)

だから手紙のやり取りが微笑ましかったし湖の家も素敵だったし色んなことが最後に繋がってハッピーエンドって言うのはまぁありがち?かも知れないけどとにかく面白かったのだ。それでいいのだ、映画は。製作者の強烈なメッセージとか求めていないし、わたし!

大盛りポップコーンをワシワシ食べながら観て(あーこれは先輩と映画に行くときはお約束の必須アイテムなのだ。ポップコーンとダイエットコーラ。アメリカ人かっつー話だよ)お腹も満足で出て来ると女の子の3人組がすぐ前に居た。そして

「よかったよねぇ~~~」
「あ~~!恋がしたい!!」

とかなんとか喋っていた。そこでまた自意識過剰なわたしは思うのだ。うわっ!この娘達こんなレイトショウに女同士で来ていて彼氏いないんだー!しかも恋がしたい~~!とか言ってるし!恋はするものじゃないでしょ!!

落ちるものでしょ!!


イルマーレはわたしの自意識過剰さを改めて認識させてくれる素晴らしい映画だった。




クリックプリーズ
スポンサーサイト
えいがトラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back
イルマーレ、韓国映画版をみましたよん。
自宅でDVDだったので、号泣しました。

泣ける映画すきです。
さらにハッピーエンドだとなお好きです。

さとこ:2006/10/02(月) 17:05:49 | URL | [編集]

おお~~。
わたし、この手の映画観ても泣かないんだ。
感動の沸点が高いのかも。
死にそう、とかダメなんだけど。
ドキュメンタリー系の。
好きなのは怖い映画と笑えるやつな。
あーあとオカダくんが出ているやつなら
とりあえずなんでも(笑)

らんらん:2006/10/03(火) 23:04:14 | URL | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。