--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'09.19.Tue

わかりやす~~い悪口

中学の時とか高校の時とか学校の先生や大して親しくもないクラスメートに謎な源氏名付けなかった?

わたしの行っていた高校の数学教師は眼鏡をかけていてのび太くんそっくりだったのでそのまんま「のび太」とか呼ばれていた。

中学時代の先輩は生粋の日本人なのに妙~~にほりが深い顔立ちでだからと言って全然オトコマエとかじゃなかったんだけど彼の源氏名は「ミスター外人」だった。

高校時代のクラスメートで普段はものすごいオタクで聖闘士星矢とかのヤオイ系(ヤマなし、オチなし、いみなし、の意味…主にホモパロディが多い)だった女の子は合唱コンクールで有り得ないくらい美しい歌声で歌うので「オペラ」と呼ばれていた(影で)しかも「オペラ」と呼ばれていたことは知っているくせに本名は忘れているわたし!

まぁわたしも裏では悪質な源氏名付けられていたんだろうなぁ、とか思うけど。




ランキングとかやってみたよ。クリックプリーズ
さて。

わたしとマヴのみみの共通の知人でコタケという子がいた。コタケは気さくなヤツだったが親しくなるとべったり粘着質な女でわたしとみみはだんだんコタケと話したりするのが面倒になってしまったのだ。きっかけはある日のランチタイムだった。

自転車をチャリンコと言う人は沢山いるがわたしの地元の一部の人間はチャリキと言っていた。
ex:今日オメーんち行くとき、チャリキで行くから~~。
非常~~~にどうでもいい話だったがわたしはその話をみみとコタケにしていたのだ。するとみみは
「え~~。チャリキなんて言わないよぉ~。ね、コタケ?」
と、よりによってみみはコタケに同意を求めたのだ。するとコタケは
「うん、言わねぇ。チャリキなんて言わねぇ。いっこも言わねぇ」
と言いきった。

いっこも言わねぇってなんだよ。子どもかよ!!!

まぁ実にガキっぽくくだらないがいつもそんな調子の会話しか出来なかったコタケにうんざりしてしまったのだ、わたしとみみは。それを察したコタケは次第に自分と気の会う連中とつるむようになった。

コタケってイヤなヤツ!だからコタケのことはこれからイライザ(fromキャンディーキャンディー)って呼んでやれ!とどっちが言い出したか忘れたけどコタケにイライザという源氏名がついた。

高校時代は授業中によく手紙を書いていたんだけどある日みみがコタケの顔を誇張した似顔絵を書いた。するとそこからコタケとはかけ離れた新たなキャラクターが生まれたのだ。

それが「猿飛イライザ」だった。

猿飛イライザはモデルがコタケなのにまったく別の生き物になりわたしとみみはイライザのイラストを描いたりストーリーを作ったりしてコタケとはまったく関係なく楽しんだ。そのうちコタケには兄貴がいたってことで「猿飛ニール」というキャラクターも生み出し、(見た目はコタケとそっくりな男の子)兄妹で歌手デビューとかアイドル雑誌の表紙を飾ったとかディナーショウをするとかそういうバカみたいな妄想で遊んでいた。

さ ん ね ん か ん も ! !
(そりゃ大学にも落ちるわな)

今でもなんであんなに盛り上がったんだろう、とか思うけどたまにみみから手紙が届くと必ずイライザのイラストが描いてある。その腕はにぶることを知らない。

で、わたしが今日言われた悪口は

「らんらん先生はブタ怪獣」

だったのでした。(今日のワンコ風)
スポンサーサイト
おもいついたひとことトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。