--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'07.09.Sun

交渉人・真下正義/ロストチルドレン

特別養護老人ホームとデイケアサービスの実習が昨日で終了。
どういうわけか足が痛くて泣きたくなった。普段も基本的には立ち仕事なのになんなんなんだ、一体。体重を支えているのがしんどいのかしら?と疑問に感じているらんらんです。こんばんは。

お気に入りのケータイストラップが無くなってしまいました。木製の人形(童話シリーズ)のストラップだったの。ハイジとか赤ずきんちゃんとかあったんだけどわたしのはハイジだったのだ。アニメとは関係ないよ。やぎのユキちゃんが好きだからハイジにしたのにハイジはどっかに行ってしまいました。悔しかったので同じものを買ってやれ!と思ったのに売っていなかった。ちくしょー。そんなわけで木製人形ディズニーシリーズのミスバニーにしたよ。写真は面倒なので載せません。つーか撮ってもいないけど。

それからケータイの待ち受けをとうとうオカダくん(V6の)にしました。ケータイ開くたびにトキメク34歳。バカでよかった。

さて。やっと実習が終わったのでDVDを鑑賞。「交渉人・真下正義」。あれだ。踊るシリーズだ。
なんちゅうか安心して観ていられるところが良い。でもそろそろマンネリかなぁって感じもあったかなー。踊る大捜査線も長いよなぁ。いかりやさんが亡くなってからは青島も出ないしな。

ユースケ・サンタマリアは個人的に大好きなんだけどわざわざ映画館で観なくても…というのもあったんだよな。予算とか掛かっているのかも知れないけどドラマの2時間スペシャルでも充分、って言うのが正直な感想。まぁコアなファンは劇場で観たんだろうなぁ。悪くないし面白かったけどテレビ点けてやってたらまぁ観てもいいかなーくらいで。好みの問題もあるだろうけど。

もう一本はジャンピエールジュネの「ロストチルドレン」…わたしは「アメリ」が大好きなのでジュネ監督の他の作品も観たかったんだけどSFはどうもダメだ。感情移入しにくい。スコーンって入り込める人にはいいのかも知れない。あんまり集中出来ずにだらだら観て終わったって感じで勿体無かったなぁ。もっとしっかり入り込めればいいのかも知れないけど。そもそもフランス映画ってわたしには入り込みにくいにかも知れないなぁ。「ぼくの伯父さん」も面白かったけどやっぱり入り込むまでに時間掛かったし。劇場行けば必死に観るから何を観てもそれなりに楽しめるんだけどねー。

今はとにかくオカダくんラヴなのでゲド戦記が観たい。
スポンサーサイト
えいがトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。