--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'07.06.Thu

特養実習一日目

…つーわけで実習一日目。

率直な感想は「疲れたけど悪くない」。
ただ仕事にするかどうかはまだ決めていないんだけど。

短大の頃、幼稚園とか保育園とか精神薄弱者施設で実習をしたけれど幼稚園実習が一番楽しかった。(から幼稚園の先生になったんだけど)三週間の実習で色んなことをしたけれど最後の日に寂しくて泣いちゃうくらい楽しかった。今まで幼稚園とか保育園とかに勤めて来たけど退職する日は「あーせいせいする!」って気持ちしかなかった。子どもと関わることは楽しかったし仕事は好きだって思っていた。でも以外の煩わしいことの方が遥かに疲れた。

こういう施設もそんな感じがした。
色んなお年寄りがいて認知症の人なんて何度も同じことを聞くし何言ってんだか判らないばあさんもいたしなんだか知らないけど怒り狂って職員に「バカヤロー!」と連発している年寄りもいた。

でもそれは別に何も感じなかった。

結局どこ行っても職員のなんだろうなぁって思ったのだ。わたしは実際現場仕事をしているからなんとなく「実習の要領」みたいなものを心得ている。でも初めての実習の人はそういう心得は無い。

スクーリングで一緒だったわたしの父と同じ年の小山さんはずっと主婦をして来た人で実習も初めてだし不安でいっぱいだったと思う。クラスの人たちは何かしら仕事をしている人ばかりだから多少の不安はあってもそれなりに巧く対応していけると思う。でも小山さんはそうじゃないんだと思う。

実習担当のAさんは介護福祉士だ。かなりの年配だと思うけど現役で仕事をしていける程度の年だろう。多分、小山さんよりはずっと若いと思う。

色んなことが不安な小山さんは大学ノートを片手に実習に入った。わたしが「実習中は大きなノートにメモとか取れないと思うから小さいメモの方がいいですよ」と、声を掛けようとした瞬間

「そんなもの持ち歩いてどうするつもり?ここはお勉強するところじゃないの」

と、ぴしゃりと言ったAさん。

…まぁ確かにそうだけどさぁ。どうしてそういう言い方するんだよ。初めての実習で、しかも挨拶もそこそこの初対面で、そんな言い方したら引くだろうよ。

案の定、昼休みに休憩室で小山さんはドン引きしていた。

ヘルパーの実習なんてそんな大したことはしないらしく、わたし達も利用者さんとコミュニケーションを取ったり食事や入浴の介助をしたりベッドメイキングをしたり仕事的にはそんな難しいことはしなかった。夕方、Aさんと反省会をした時に感想や質問を求められたので色々話をしたのだがAさんが「今、お仕事をしているの?」と聞いて来たので「保育士をしています」と答えた。すると「介護の仕事は子ども相手と違って大変な仕事だからね」と、言った。

正直、カチンと来た。

もちろん、顔には出さなかったしわたしは実習をさせて頂いている身分なので神妙な顔で話を聞いていたけどどこの世界にもいるんだ。

自分の仕事が一番大変で一番素晴しい仕事だ

とか勘違いをしている人が。

おまけに介護の仕事は20代じゃないと無理だとか(ウチのクラスに20代は一人もいない)資格を取っても仕事が出来るかどうか判らないとかなんだかマイナスなことばかり言われた。現実を見ろってことかも知れないけど資格のニーズは人それぞれだ。

デイケアで仕事をしたい人もいるだろうしボランティアをしたい人もいるだろう。自分の家で介護が必要なケースだってある。

わたしはまだ将来のことを具体的に決めているわけじゃないけれど少なくともここで仕事をしたい、とは思えなかった。だからと言って介護の仕事に魅力がない、とは思わなかった。保育園でも幼稚園でも施設でも「実習向きじゃない施設」があるのだ。わたしが行った施設のカリキュラムは充実していたし大きな負担は感じられなかったけれど少なくとも実習担当のAさんは「実習担当向き」な人格じゃないなぁと、思った。

明日は別のフロアだからまぁいいんだけど。
スポンサーサイト
おしごとトラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back
いますいます。
自分の仕事に誇りを持ちすぎちゃってる人。

なんちゅ~か、かっこわりぃです。
人の気持ちを考えられない人ほど、介護に向いてないものはないと思うのですが。

なんとなくだけど、そのAさん利用者さんたちのこと人と思ってない気がする。

さとこ:2006/07/07(金) 09:25:23 | URL | [編集]

>さとこちゃん
いるでしょ、どこにでも。
でも今日、別の大学生と実習が一緒だったんだ
けど実習生からAさんに対する苦情(?)が
殺到しているらしく嗚呼、やっぱりねーとか
思ったさ。

実習は疲れるけど悪くなかったんだよ。
でもココでは仕事したくねーって思ったよ。
話をしていてちょっと恥ずかしくなったもん。
すげーな、その誇りって。
うちの職場も実習生を受け入れることがある
からそういう指導者にだけはならないように
気をつけようって思ったよ。

らんらん:2006/07/07(金) 20:24:23 | URL | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。