--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'07.04.Tue

オナニーと呼ばれたオンナ

「ひとこと」でもないんだけどちょっとした回想を。

___


わたしは初潮が多分平均より遅かったと思う。中学2年の春だ。初潮に関係しているかどうかは不明だけれどとにかく身体が未熟だったので性的な興味もあまり無かったような記憶がある。(今は平均値だと思っているけど)

まぁそんなワケでセックスに関することはあまり詳しく無くて思春期の頃に学校で調査される無記名のアンケートなんかでもどの程度知識があるか、という質問に対して…純情ぶっているつもりは無かったけれど本当にどういうものか判らなかったのだ。そもそもみんなそういう知識をどっから覚えるんだ?わたしが愛読していた「別冊マーガレット」と「ちゃお」にはせいぜいキスシーンくらいしか載っていなかった。

それはまぁいい。

で、所謂保健体育の授業の「子どもの作り方」とかあのあたりでなんとなく子どもの作り方とかを知るわけなんだけど「性欲」に対していまいちピンと来なかったのだ。男の子達がニヤニヤしながら話をしているのを何度か耳にしていたけどそれでもわたしの中にリアルに入って来なかった。多分、わたしの回りにいた仲の良い女の子達はみんな同じような程度の感覚だったと思う。

そんな中、クラスメートのさっちゃん(仮)はどういうわけは「性」に対する興味がずば抜けていたようだった。彼女のニックネームは「オナニー」だった。もちろん、女の子達は普通に「さっちゃん」とか「さっこ」とか呼んでいたけど一部の男の子達は彼女を呼ぶときに「オナニー」と呼んでいた。

最初に聞いたときはぎょっとした。でもわたしはさっちゃん本人に「なんでオナニーなんて呼ばれているのか?」と聞く勇気は持っていなかったので比較的親しくしていた男の子に聞いてみたのだ。

ら:なんでさっちゃんのことをあんな呼び名で呼ぶの?
彼:だってアイツ、オナニーしてるって言ってんだぜ?

さっちゃんはオナニーをしている!!!!!

彼の発言にもわたしは相当ぎょっとした。だってオナニーって自慰行為でしょ?性欲についてよく判らなかったわたしはショックだった。中学生でも性欲ってあるんだ!んじゃムラムラしたりするのかなー?(この辺の発想でいかにわたしが稚拙だったかが伺える)


大きなお世話な話だけれどさっちゃんは決してモテるタイプの女の子じゃなかった。そもそもモテる女の子が「オナニー」なんて呼ばれるわけがないし例えオナニーをしている、という事実があったとしてもそんなことわざわざ公言することじゃない、とも思っていた。

わたしとよくお喋りをする男の子(さっちゃんの呼び名について質問して答えてくれた彼)は大層モテる男の子だったけれどわたしは小学生の頃から知っていたのでいいやつではあったけれど恋する対象では無かったので彼から色々と下品な話を聞いた。

ある日、さっちゃんは彼にラブレターを書いたそうだ。それはさっちゃん本人から聞いた。

さ:らんらんちゃん、カツくんと仲いいよね~。
ら:んー。小学生の頃から一緒だからね。
さ:わたし、カツくんに手紙、出したんだよね…。
ら:えー!そうなんだ!!いい返事が来るといいねぇ。
さ:うん。絶対返事はください、って書いたからくれると思うけど。

絶対返事はください、って書いたんだ!(驚愕)

わたしは小学生の頃はぽちゃぽちゃした子どもだったが中学で運動をしていたせいもあって普通に体型になっていた。ある日、カツくんがわたしに言った。

カ:らんらんは昔デブだったから痩せた今でもデブなイメージが強いんだよなー。
ら:大きなお世話だよ!!デブ、と言えばさっちゃんも相当太っているけど…アンタ、さっちゃんに手紙貰ったんだって?返事書いたの?
カ:よく知ってんなー。
ら:だってさっちゃん本人が言っていたもん。で、で、なんて書いたの?もしかして付き合っちゃったりするの?
カ:ああ?付き合うわけねーじゃん!でも返事は書いたよ。
ら:律儀だねー。でもお断りの返事って難しくない?
カ:べっつにー。「だいっきらい。でぶっちょ」って書いた。
ら:…マジで?酷くねー?
カ:返事くれっつったから書いたんだよ!!

「オナニー」と呼ばれていた女の子は好きな男の子「だいっきらい、でぶっちょ」と言われてフラれたことがあった。

キッツイなー。わたしなら立ち直れないかもなー。

とか、思っていたんだけどさっちゃんは別にへっちゃらだったようだ。男の子から「オナニー」って呼ばれて普通に「なぁに~?」って返事できるくらいの器のある人はやっぱり一味違うんだな。

___


さて、それから15年後。わたしは超地元のスーパー「ヤオハチ」でさっちゃんを見掛けた。相変わらずでっぶりと太っていてスーパーのレジを打っていた。化粧が濃くてすっぴんで買い物に行ったわたしをみつけて「らんらんちゃん!」と声を掛けてくれるまでさっちゃんだとは気が付かなかった。

さっちゃんは20歳でデキちゃった結婚をしてそれから旦那を中学時代の先輩に寝取られた、と言っていた。底抜けに明るくケロケロ笑いながら「旦那がどこに行ったかわかんなくてさー。金もないしバイトしてんの」と言っていた。わたしの手前、明るく振舞っていたのかも知れない。「わたしなら…」と思うこと自体、お門違いなような気がする。でもわたしは「オナニー」なんて呼ばれたら返事なんか出来ないし好きな男の子に「だいっきらい、でぶっちょ」なんて言われたらしばらく立ち直れないだろうし、旦那を中学時代の先輩に寝取られたとしてもそんなこと、わざわざ言えない。明るく笑うさっちゃんに対してわたしはなんとも言えない感情を持った。悪意とか同情とかそういうのでもないんだけど…。それって一体なんだんだろう?今でもよく判らない気持ちでたまにさっちゃんのことを思い出す。
スポンサーサイト
おもいついたひとことトラックバック(0)  コメント(4)
Next |  Back
どもー、バイク好きのマコです!
早速、お返事書き込みにきたんですが、このブログのタイトルを見て
「エロ系のブログ?」なんて、チョッと構えてしまいました<(_ _)>

中学の頃、ウチも女の子を意地悪をしていたかもしれません。
そうゆう、接し方しかできなかったから。
過去の自分に、少し反省。

マコ:2006/07/04(火) 23:08:29 | URL | [編集]

>マコさん
ご訪問ありがとうございます♪
なんちゃってライダーのらんらんです(笑)
「エロ系」ではないです…が誤解されても仕方
ないようなタイトルでしたねー(笑)

中学生の男の子なんてみんなそういう風にしか
ちょっかい出せないんだと思いますよ。
でも呼び名にしちゃあんまりだなぁってキオクが
ありまして…。

大人になればみんなクリアできることなんだと
思いますよ。マコさんも今は優しく出来ているでしょ?それでいいんだって思いますよ。

らんらん:2006/07/04(火) 23:38:57 | URL | [編集]

『だいきらいでぶっちょ』は衝撃です。
あたしも、昔好きな人に
男『おまえ俺のこと好きなの?』
さ『うん。』
男『俺も俺のことすき。おまえ自分のこと好き?』さ『きらい』
男『うん。俺も嫌い。意見一致してよかったね。』
って言われたことがあるよ。
そんときは笑ったけど、家帰って泣いたぁ。

さっちゃんは、かげで泣いてたんかなぁ?
あっ、あたしもさっちゃんだ(笑)

さとこ:2006/07/07(金) 10:23:04 | URL | [編集]

>さとこちゃん
「だいきらいでぶっちょ」はちょっと酷いよね。
でもさとこちゃんの思い出も切ないなぁ。
みんな色んなこと、言われて成長してんのね。
パルちゃんは筋肉質だった(過去形)んだけど
華奢なオトコが好きなわたしは
「あたし、マッチョきらーい」と言ったことがあるよ。
そしたら
「オレ、デブきらい」
って言われた。罵り合っても仕方ないので
ダイエットしてんの。パルちゃんは転職してから
マッチョじゃなくなったけど華奢でもない(笑)

らんらん:2006/07/07(金) 20:20:04 | URL | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。