--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'06.30.Fri

目を見て話そう

ボンの個人面談に行って来た。

ボンは忘れ物の帝王でちょこちょこ忘れ物をしてくる。ボンの担任の先生は自称「しつこい性格」らしく赤ペンで連絡帳に忘れ物を書かれる。

正直、それに参っていたのだ、わたしが。

ボンの漢字テストのこともそうだけど合格点を取るまで何度も何度もテストをさせる。ボンのモチベーションが下がる。この前70点だったテストがなんで50点になってんのよ!?

ずっとイライラしていたわたし。ボンの頬を叩いて一緒になって泣いてしまった。だから今日の面談もそれはそれは気が重かった。

「いつもご迷惑お掛けしているようで申し訳ありません」
と最初に言うと先生は
「そうですねー」
とさらリ。

はぁ。…どうすっかなー。

ボンは集中力のない子ではない、と思っている。ただ人一倍、イージーな方に流されやすい。先生もそれをお見通しだったようで先生の机の脇がボンの特等席になっていた。先生の目があれば授業にも集中出来るらしいのだ。でも隣に誰かがいるとお喋りをして授業はそっちのけになるらしい。

まぁ予想出来たことだけど。

忘れ物撲滅のためにわたしもパルちゃんも連絡帳に一言、メッセージを書くようになった。帰りの会で連絡帳を開くまでは何が書いてあるかボンには判らない。

「連絡帳はていねいに書いてね」
「学校からの忘れものに注意!」
「ランドセルをもう一度かくにんしてね」

ほんの一言だ。

でも先生はそれがいい、とおっしゃった。ご家族が協力してくださっているようでボン君の様子も変わって来ています。メッセージのお陰で「ていねいに書かなくちゃ」って書き直していることもあります。今日は漢字テストで100点を取ったんですよ。まだご覧になっていないかと思いますが…。

と、ボンの机の道具箱を見ると100点の答案が…!!>ボンは100点にあまり興味がないらしい

でもやっぱり嬉しかったみたいで自慢していたんですよ。まずは漢字からでもいいと思います。そして目を見て話すことを忘れないでください。ボンくんは理解出来ない子ではないと思います。

「あの。わたし、卑下していうつもりは無いんですけど…カレ(ボン)はしょう害児とかじゃないですか?ADHDとかLDとかそういうことはありませんか?」
と、思い切って聞いてみた。すると先生は

とにかく興味のあることへの集中力はすごいんです。体育の能力は高いと思いますよ。本人もサッカーやポートボールなど、身体を動かすことが好きなようですし…。それが少し勉強の方でも発揮出来ると大分変わってきます。

15分のところ、結局30分以上お話をした。ボンの小さかったときの事情も話し、今の現状も話た。すると先生は「学校ではつっぱっているところもあるんですけど…きっとまだ赤ちゃんなんですね」と言った。小さい頃に充分に甘えられる環境じゃなかったからじゃないでしょうか?今からでも大丈夫です。小学生のうちに沢山甘えさせてあげてください。満足すれば親離れもしますしね」と言う。

家に帰って来るとボンも気になっていたようで「なんて言ってた?」と聞いて来た。

ボンはちゃんとお話を聞ければお勉強が出来る子だって言っていたよ。
漢字テスト、100点だったんだってね。忘れてきたみたいだからかあさんが持って帰って来たよ。毎日頑張っているから100点取れたんだね。これからも頑張ってね。と言うとボンは満足そうににこにこしていた。

授業中もそうだしかあさんと話をするときもそうだよ。ちゃんと相手の目を見て話をして。目を見て話を聞いて。そしたら勉強なんてすーぐ覚えられるようになるよ。

___

今日が学校で靴下を脱ぐことがあったんだけどシートの上に置いた靴下がなくなっていたんだ。もしかしたら誰かが持って行ったのかも知れないけど…なくしちゃてごめんなさい、と言っていたので誰かが気がついたらきっと「これ、誰の?」って言うよ。そしたら見せて貰って自分のだったら持って帰ってくればいいよ。名前を書いていなかったんだから無くなっちゃっても仕方ないよ。でも、靴下とかハンカチは自分のバッグに入れておけば失くさないんじゃない?と言うと次からそうする、と、言っていた。

こっちも忙しいと「あとにして」とか「夜、聞くよ」とか言っちゃうけどちゃんと目を見て話をする習慣をつけようって思った。無視しているつもりは無かったけど忙しさにイライラしていたのも事実。

話をしてみるとちゃんと理解して認めるところは認めてくれているんだなぁって感じた。出来る限り、赤ちゃんのように扱ったりしながら安心して毎日を過ごせるようにしたいなぁって思ったさ。
スポンサーサイト
かぞくトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。