--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'06.10.Sat

ボン、その後

さて、我が家のボンクラ坊ちゃんのボン。

どうやら担任にチェックを入れられているらしく連絡帳に色々書かれて帰って来る。進級した時から自分でも「わたしはしつこい性格ですので」とか言っていたけど流石にこう毎日だとわたしの方が段々イヤになってきた。イヤになっても育児は続く。

わたしも随分落ち着いたとは思うけれどそれでも感情的になると自分でもどうしていいのかわからなくなるくらい自分を見失うことがある。先日、担任に失笑されてからわたしのテンションは下がりっぱなしだ。

我が子が学校で先生に意地悪されたらイヤだから何も言わない(言えない)親も沢山いるんだってね。

もちろん、ボンの担任は意地悪でボンの連絡帳にあれこれ書くわけじゃないんだろうけれどあまりのしつこさとボンのランドセルをチェックすることにした。…3年生の頃はそんなに忘れ物が多い子だとは思っていなかったんだけどなぁ。

でもチェックしてみると確かに些細な忘れ物がある。
消しゴムとか定規とか下敷きとか。

そんなわけで毎朝チェックして家からの忘れ物がないようにしているんだけれどボンは学校から持って帰ることも忘れるのだ。昨日の夜も連絡帳をチェックすると学校から持ってこなければならないものを忘れている。家でどんなにチェックして忘れ物を減らそうとしても肝心のボンが気をつけようとしてくれなきゃ意味が無いのだ。

キレてしまった。

ボンの左頬を平手で打った。頬が赤く腫れた。それでもわたしの怒りは修まらなかった。いつものように結局ガミガミ叱って連絡帳に赤ペンで「学校からの忘れ物にも注意!!」と書いた。寝る前に学校の用意をしてボンは泣きながら眠った。

そして朝。

だらしないボンは学校の道具をきちんと管理出来ていないのだが(これはわたしも一緒なので文句は言えないが)わたしの見たことのない消しゴムがペンケースの中に入っていた。10日くらい前に自分の貯金箱からババから貰ったお小遣いを出して5000円、無駄遣いをした(これに関してはパルちゃんにモーレツに叱られていた)時に買ったらしいのだが…部屋の中がグチャグチャですぐものを失くすボンは同じものをいくつも買うことになる。いつも買うときは「ありがとう!大事にするね!」って言うのに。(まぁこれはどこの子も一緒だろうけど。わたしも消しゴムをいくつも持っていた小学生だったし)

それでまたボンは朝からギャンギャン叱られとうとうわたしは「もう今日は送っていかないから!自分で行って!!」とボンを突き放してしまったのだ。(朝から説教をしていたので出勤準備の時間がなくなったせいもある)涙を拭って「いってきます」も言えないボン。言い過ぎたかも、という気持ちと怒り。ちゃんと目を見て「いってらっしゃい」って言ってあげられる余裕はわたしにはなかった。ボンが出て行ってしまってから急に悲しくなってぽろぽろ涙が出た。

2分後。

何事も無かったような口調でボンが「おかあさん、水筒忘れた!!!」とイキオイ良く玄関を開けて家の中へ入って来たのだ。

嗚呼、そうか。この子には頬を打ったりガミガミ叱ってもダメなんだ。

わたしはボンに水筒を手渡して「他は大丈夫?」と聞くと笑顔で「もう無いよ!」と言った。雨が降っていたのでやっぱりそこまで一緒に行こう、とボンと一緒に傘をさしておもてに出た。横断歩道までの道を今日の仕事の話とか明日の参観日はお父さんが行くよとかそういう話をしながら歩いて横断歩道を渡る前に「みんな行っちゃったから気をつけてね!他の班のお友だちがいたら一緒に行ってね!」と声を掛けた。そして横断歩道を渡ってから次の信号を渡るまでの間、わたしはボンを見送った。ボンは何度も何度も振り返ってわたしに手を振っていた。切なくて涙がまた出た。

家でフォローしてあげられることならフォローしてあげればいい。忘れ物をしたら注意だけしてガミガミ言わなくてもいいや。頬も打たなくてもいい。学校からの忘れ物が多くて担任に嫌味を言われたら頭を下げよう。叱らずに済むならなるべく楽しくやろう。怖いだけのおかあさんにはなりたくない。

行きがけにぎゅっと抱っこして笑って送り出せた。これでまた一歩、おかあさんになれたかなぁ?まだまだ行きつ戻りつの母だけどね。
スポンサーサイト
かぞくトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。